羞恥プレイや露出プレイが好きだったマゾ気質の元カノとのH体験談

今回の「変態M女とのおいしいH体験談」は、ジャッキーさん(26歳 男性 東京都 会社員)からの投稿です。

以前交際していた女性がかなりのマゾ基質だったジャッキーさん。
普通の女性と違い、明るいところでのセックスやバイブ、スパンキングが好きだったようです。
そんなマゾ基質の彼女とのセックスをより充実させるためにジャッキーはマゾな女性が好むシチュエーションを研究。
するとある特殊な環境でのセックスが高評価だということを知りました。
羞恥プレイや露出プレイが好きだったマゾ気質の元カノ

私は現在、26歳の独身サラリーマンですが、以前付き合っていた女性はマゾでした。

この彼女は私の2人目の彼女で、結構なマゾっぷりに最初はびっくりしましたが、彼女とのセックスは充実していました。

彼女は私が付き合っていたのは23~25歳くらいまでの2年ほどで、彼女とは同い年でした。

セックスの時になるとマゾ化する変態要素の強い彼女

彼女は普段は結構Sっぽく、サバサバした女性なんですがセックスの時になるとMになり、かなりのギャップがありました。

付き合い始めた頃のセックスは至って控えめで私も少し消化不良でしたが、少しずつ彼女はマゾになってきました。

まず彼女は明るい部屋でセックスをするのを好み始めました。

普通女性ってアソコを見られるのを恥ずかしがって、暗い状態でセックスするのを好みますが彼女は部屋を明るくして、私に見られると興奮するということでした。

私も彼女のアソコをじっくり見られるので、このように明るい状態でセックスするのはかなり好きでした。 

バイブとバックからの挿入が好きだったマゾ彼女

そして彼女が好きだったのが「バイブ」です。

最近はおしゃれなバイブがたくさん販売されており多くの女性が使っていますが、彼女もバイブが大好きでした。

まずは彼女の乳首にバイブを当てると、すぐに乳首が大きくなり、彼女は気持ちよさそうに感じてくれます。

ここで、彼女がお股を大きく開くとアソコが現れますが、アンダーヘアはきれいに整えられています。

私は彼女のアソコを開いてゆっくりバイブを入れると、だんだん濡れてきてアソコの中で動かすとスムーズに動くのが分かります。

そして、次はクリに当てますが彼女がビクビク体を震わせながら感じているのが分かります。

また彼女は体位はバックが好きでした。

最初はゆっくりパコパコしていましたが、「もっと強くして」というので強めにパコパコすると「アァ~ン、アァ~ン」と大きな声であえいでいました。

私もマゾの女性はどんなプレイを好むのだろう・・・と思い調べてみると、お尻をたたかれるのが好きというのを知ったので、彼女のお尻をたたいてみました。

するとこれがかなり好きなようで、バックでパコパコしながらお尻をたたかれていつも感じているようでした。

鏡の前でのセックスに興奮していた変態彼女

この頃から、だんだんMの女性とセックスするのって結構楽しい、と私も思うようになり、彼女が好きそうなプレイを考えていました。

そこで知ったのが鏡の前でプレイするとマゾの女性は喜ぶということです。

そこで大きな鏡があるラブホテルを探して行ってみたのですが、彼女はとても興奮していました。

鏡の前で彼女のアソコを大きく開かせて、みるとアソコが大きく見えます。

最初は恥ずかしそうにしていましたが、私が後ろからアソコを開いてみると「ウフフ・・・恥ずかしい・・・」といいながらうれしそうにしていました。

ゆっくり愛撫しているとだんだん濡れてくるのが分かり、クリをゆっくり触ってみると、「アァ~、アァ~」とあえぎ始めたので少し強めに触るとさらに声が大きくなり気持ちよさそうに感じていました。
 
その後は、バックで挿入しましたが、彼女が顔を上げると私が後ろからパコパコしているのが見えるので、私はちょっと恥ずかしかったですが彼女は気持ちよさそうでした。

私もこれにはかなり興奮してすぐに逝ってしまいました。

こうした羞恥プレイはほとんどの女性は嫌がりますが、彼女は嫌がることなくむしろ好きそうでした。

そのほかにも、温泉旅行に行って露天風呂でセックスしたり露出プレイなどいろいろしましたが、いつも気持ちよさそうにしていました。

彼女とは別れてしまいましたが、いろんなプレイはかなり興奮しました。

今の彼女はマゾではなく、そうした羞恥プレイは嫌がるのでちょっと寂しい思いをしています。

ジャッキーさん、体験談の投稿ありがとう。

今はもう別れてしまったようだが、かなりの奴隷素質の高い女性と交際していたようだね。

ジャッキーさんなりにマゾな女性の研究をしていたようだが、研究が甘かったという印象を受けた。

いきなりこのようなレベルの高い相手に合わせるのは難しいかも知れないが、マゾな女性の心を掴み続けるにはこちらも恥を捨てて思い切ったセックスをする必要がある。

拘束プレイや目隠しプレイ、アナルの開発など徐々にレベルを上げる努力、研究が必要だ。

今の彼女は物足りないかも知れないが、表に出していない変態要素があるかもしれない。

是非今の彼女の開発も努力して欲しい。


PAGE TOP